2010年06月05日

洗濯機の故障と戦う日記3:故障事例を調べてみよう。

2月7日になりました。
前日、故障したと思われる洗濯機と格闘し、この日はぐったりしていました。
朝6時20分に起き、夫を見送った後で、もう一眠りしようかとも思いましたが、ネットを開いてしまい、とりあえず、洗濯機の故障について調べる事にしました。

まず一番先にたどり着いたサイトはこちら
YOJIGERGE 洗濯機故障
こちらの方の故障した洗濯機のメーカーは、三菱だったのですが、
「すすぎと脱水が出来ない」と言う症状が似ていたので、参考にさせていただきました。
原因は「蓋センサーの故障」で修理代が9,450円かかったそうです。

この内容を見て、「我が家も蓋センサーが原因だ!」と思いました。
そして、出張料&技術料の高さに、自分で治せないか考えました。
上記の記事には沢山の方がコメントしており、この記事や記事のコメントを読んで、実際に部品代のみの低価格〜無料で治した方も沢山いらっしゃるし。。
私が駄目でも、夫なら何とかなるのでは??と思いました。

そして、肝心の蓋センサーの位置を探そうと、引き続きネットで調査しましたが、Yahoo!知恵袋やその他の検索サイトでも、確実な情報が得られませんでした。
そんな状況なので、蓋そのものをドライバーで外してみようと試みましたが、蓋を止めているネジが壁に面している背面にあり、手もドライバーも入りません。
洗濯機を前に出して動かせば、分解出来そうでしたが、女子の中でも非力な私には無理でした。
私の予想としては、故障内容や警告が書いてある所の下辺りに、蓋センサーがあると思ったのですが。。

夫にその旨をメールすると、
「水を汲んで、水位が殆ど無い時だけ、排水された事を考えると、水位センサーの故障も考えられるのではないか?」
との事でした。

洗濯機を分解して蓋センサーを見つける事が、この時点では無理そうなので、今度は水位センサーをネット上で探してみる事にしました。
水位センサーの情報は蓋センサー以上に情報が少なかったのですが、部品代だけで、送料込みで5000円位が相場という事が分かりました。
(後で分かったのですが、水位センサーは一般的に故障しにくい箇所で、プロじゃないと治しにくいらしいですね。)

とにかく洗濯層クリーナー入りの水を捨てない事には何も出来ないので、手桶で何度もやりました。
「落差を使えば簡単に水抜きが出来る!」
と夫からメールが入りましたが、メール上での説明を読んでも私には理解出来なかったので、地道に、確実に手桶で。。
そして、水位最小の12リットル迄きた所で、すすぎ&脱水をやったら、成功しました!

小分けに何度も洗濯すれば、とりあえず洗濯は可能か?!

洗濯機の故障の独立カテゴリです。

洗濯機の故障について、参考になりそうなサイトをリンクしておきます。
故障した当時に参考にしたサイトも、今日見つけたサイトもあります。

YOJIGERGE 洗濯機故障
全自動洗濯機の故障診断
OKWave 全自動洗濯機、故障、脱水
洗濯機修理奮戦記
解体新書 洗濯機の構造を探る
リサイクルショップK&K 修理料金表

やっぱりメーカーの取扱説明書もリンクしなきゃ

東芝 ヒーター乾燥付全自動洗濯機 AW-D703VP



posted by ながやだがや at 22:52| Comment(0) | 洗濯機の故障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。